橋野鉄鉱山〔世界遺産〕 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

橋野鉄鉱山を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<橋野鉄鉱山>記事下部に地図のリンクがあります
2015年に世界文化遺産に登録された橋野鉄鉱山には、現存する『日本最古』の洋式高炉跡があります。

【大島 高任・盛岡とのつながり】
橋野鉄鉱山は近代製鉄の父といわれる盛岡藩士 大島 高任(おおしま たかとう)が築き、盛岡藩が運営していました。
大島 高任は、盛岡藩 第12代藩主 南部 利済(なんぶ としただ)の時代における盛岡藩奧医師・大島 周意(おおしま かねおき)の長男として盛岡で生まれました。

生誕地はホテルエース盛岡近くの「桜城小学校」北西の角付近で、現在は碑が建立されています。

建設当時は、反射炉をもつ水戸藩へ釜石の銑鉄(せんてつ)を輸出(水戸藩はその銑鉄を反射炉をつかい精錬しカノン砲などを鋳造)していました。
その後、安政の大獄により水戸藩主 徳川 斉昭が失脚し売り先を失います。
しかしながら、鉄の有用性から高炉の建設を継続し、一番高炉・二番高炉と建設していきました。

【見学は無料】
〔世界文化遺産〕橋野鉄鉱山ですが、無料で見学することができます!(2019年4月現在)

音声ガイドをお借りすることもできます(有料)。

マップにタッチすると、ガイドのスピーカーから説明が聞こえてきます。

スピーカー方式なので、1台借りて複数名で使用することができます☆

▼さらに現地の様子はこちらの[4K]動画で(〃∇〃)

https://youtu.be/CGzeWNFyuLQ

〔English description is displayed〕

橋野鉄鉱山を『VR』『AR』で体感できます☆
スマホアプリをつかって、橋野鉄鉱山を訪れた人が、わかりやすく体感できるようになりました!
『VR』『AR』で体感してください☆
▼詳しくは釜石市公式HPか現地のガイドスタッフへお尋ねください
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/index.html

○橋野鉄鉱山(釜石市橋野町2-6)
>> マピオンの地図で表示

▼詳しくは釜石市公式HPもご参照ください
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/detail/1193197_3028.html

[参考文献]
『近代へのとびら-大島高任の挑戦-』岩手県立博物館 編
[撮影協力]
橋野鉄鉱山インフォメーションセンター

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811