一ノ倉邸 中尊寺のハス | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

Chuson-ji Temple Lotuses / 2021年7月3日 1輪目開花
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕
※2021年5月1日より邸内の公開も再開!(マスク着用となります)

2021年の中尊寺古代ハス 
 撮影日:2021年7月17日


 
 

開花1輪目
撮影日:2021年7月4日

撮影日:2021年7月3日

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<一ノ倉邸 中尊寺ハス>記事下部に地図のリンクがあります
1950年(昭和25年)に、四代泰衡公の首級がおさめられていた首桶から見つかった種。その種が1998年(平成10年)7月に八百年の眠りから目を覚まし、中尊寺ハスが一輪咲きました。
そして、「復興の花中尊寺ハスを広める会」の第1号の株分けとして,藤原氏に縁の深い盛岡市安倍館の<保護庭園 一ノ倉邸>に2012年に移植されました。
 
 
ハスは午前4:30頃から花が開き、14:00頃には閉じます。
咲いては閉じるを4日間繰り返し、4日目には花びらが落ちていくとのこと。
お天気がいいと、太陽の光で新たなつぼみが10:00頃には咲きますので、タイミングが良ければ開く瞬間を見ることも!

咲いて4日でその花を落としてしまうハス
初日が一番色濃く、徐々にその色が薄くなっていきます。
2020年は7月6日頃 2019年は7月12日 2018年は7月16日に1輪目のハスが開花!

2020年の中尊寺古代ハス

開花2日目ですっかり開いてしまったハスと、あと数日で開花しそうなハス

開きかけですが、開花初日の判断をされたハス ⇒ 次の日に期待!
何気にヤゴがいました☆

↓ ↓ ↓
開花2日目 全開になってました~

でも、蜂が来てくれたので、それはそれでヨカッタかも☆
  
 
2019年の一ノ倉邸1輪目のハス 開花2日目(撮影日:2019年7月13日)

 
撮影日:2019年7月20日

撮影日:2019年7月13日
開花2日目でしたが、前日の雨から一転、太陽の光が降り注いていました。

お天気が良すぎて、早くも閉じ始めています。

撮影日:2019年7月12日
開花はしましたが、あいにくの雨模様にて雨に打たれて項垂れています(残念)

撮影日:2019年7月10日

開花まであと数日?の雰囲気です。


そしてつぼみがもう一つ!

撮影日:2019年6月30日

2019年はあまり成長が良くないらしく、1つ目・2つ目は途中で枯れてしまったようで、これは3つ目のつぼみです。
あと10日程で開花見込みとのことです。

2018年の一ノ倉邸2輪目のハス 開花初日(撮影日:2018年7月19日)

2018年7月


2017年は多くの花をつけた為なのか、2018年の一ノ倉邸は少しさみしいかも・・・
でも、開花初日は色が濃いんです☆

▼2018年撮影[4K]

▼2016年撮影

2015年撮影
一ノ倉邸 ハス5

▼2014年撮影

一ノ倉邸 ハス4

一ノ倉邸 ハス3 

盛岡市保護庭園 一ノ倉邸(盛岡市安倍舘町19-64)
 ホテルエース盛岡より車で約10分 or 盛岡駅からバスで約10分

開館時間:10:00~15:00
休館日:毎週月曜日,火曜日、8月10日から20日まで,12月25日から翌年1月15日まで
【入場無料】

 >> マピオンの地図で表示

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

一ノ倉邸 ~盛岡市保護庭園~ | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕
※2021年5月1日より邸内の公開も再開!(マスク着用となります)

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

「一ノ倉邸」は盛岡市自然環境及び歴史的環境保全条例に基づき、昭和49年に保護庭園に指定されました。この庭園と建物は明治40年(1907年)頃に盛岡出身の政治家 阿部浩(貴族院議員、東京府知事)の別邸として建築された由緒と歴史のあるもので、日本橋の料亭「常盤桜」を参考に建築されたといわれる数寄屋造りの屋敷です。

当時は吾郷梅荘(あきょうばいそう)と名付けられましたが、それは安倍宗任が厨川柵の戦いに敗れ捕虜として都に上がったとき、公家が梅の花を示し「宗任、これはいかに」と聞いてきたとき「我が国の梅の花とは見たれども、大宮人はいかがいふらん」と答えた故事に由来しているそうです。
その後、一ノ倉氏に譲渡され平成4年に盛岡市が取得したもので、今もなお往時の面影をしのばせてくれます。

▼中尊寺のハスについてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=3724
▼紫陽花についてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=1534
▼一ノ倉邸のひな祭り【ひな遊ぶ】についてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=3658

盛岡市保護庭園 一ノ倉邸(盛岡市安倍舘町19-64)
 ホテルエース盛岡より車で約10分 or 盛岡駅からバスで約10分

開館時間:10:00~15:00
休館日:毎週月曜日,火曜日、8月10日から20日まで,12月25日から翌年1月15日まで
【入場無料】

 >> マピオンの地図で表示

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

一ノ倉邸 紫陽花 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

中尊寺ハスの他にアジサイもキレイでなんです
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕
※2021年5月1日より邸内の公開も再開!(マスク着用となります)

撮影日:2021年7月3日

中尊寺ハスが咲く庭園には、紫陽花も色を添えてくれます。
見やすい場所にヤマアジサイが咲き始めています。

撮影日:2020年7月8日

 

撮影日:2020年6月27日


 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

撮影日:2019年7月20日

撮影日:2019年7月12日

撮影日:2019年6月30日

▼以前撮影の動画ですが どうぞっ

<中尊寺ハス(一ノ倉邸)>
1950年(昭和25年)に、四代泰衡公の首級がおさめられていた首桶から見つかった種。その種が1998年(平成10年)7月に八百年の眠りから目を覚まし、中尊寺ハスが一輪咲きました。
そして、「復興の花中尊寺ハスを広める会」の第1号の株分けとして,藤原氏に縁の深い盛岡市安倍館の<保護庭園 一ノ倉邸>に2012年に移植されました。

中尊寺ハスの見頃は7月中旬頃からとのことです。

▼中尊寺ハスについてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=3724
 

盛岡市保護庭園 一ノ倉邸(盛岡市安倍舘町19-64)
 ホテルエース盛岡より車で約10分 or 盛岡駅からバスで約10分

開館時間:10:00~15:00
休館日:毎週月曜日,火曜日、8月10日から20日まで,12月25日から翌年1月15日まで
【入場無料】

 >> マピオンの地図で表示

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

岩手県民限定プラン 1泊朝食付き⇒【実質500円】

岩手県民限定、1泊朝食付きが【実質500円】となる、岩手の旅応援プロジェクト(岩手県の事業)のプランです。
1泊朝食付き4,500円から2,000円引き+クーポン2,000円付き
(お支払額2,500円)

夜は無料のカレーライスも!
(除外日などがありますのでチラシをご確認下さい)
お問い合わせは℡ 019-654-3811まで♪

盛岡さんさ踊り Morioka Sansa Odori Festival | 岩手・盛岡の観光(Iwate・Morioka)

Annually Aug. 1, 2, 3 and 4 (4 days)
2021年は8月1日~4日の日程で縮小開催予定
2021年も中止が決定
▼令和3年盛岡さんさ踊り中止のお知らせ
http://www.sansaodori.jp/pdf/2021_mayor_comment.pdf
Morioka Sansa Odori Festival・盛岡三颯舞・盛冈三飒舞・모리오카 산사오도리 축제
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2
 

<第42回 盛岡さんさ踊り>
2019年は8月1日(木)~4日(日) 18:00~21:00の開催! 
(参加団体は253団体 約3万5千5百人が出演)
最終日の8月4日には『世界一の太鼓大パレード』『大輪踊り(だいわおどり)』でグランドフィナーレ!

▼[4K]盛岡さんさ踊り2019 初日のミスさんさ・ミス太鼓連 パレードをダイジェストで(〃∇〃)

(特別な許可を得て撮影しております)
https://youtu.be/UVSe0–cOhg


 

【ギネス記録】
2014年6月29日 再び盛岡さんさ踊りがギネス記録を塗り替え、名実ともに世界一の太鼓パレードとなっています☆

▼ギネス記録認定についてはコチラ

https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=1479
 

藩政時代から受け継がれてきたさんさ踊りの起源は、三ツ石神社の三ツ石伝説に由来しています。

その昔、この地方には羅刹という鬼が住んでいたそうです。
羅刹が悪事をはたらくので、人々が三ツ石の神様に祈願したところ、神様が羅刹を捕らえ、境内にある巨大な三ツ石に縛りつけました。
そして、二度と悪さをせず、この地方にやってこないことも誓わせ、岩に約束のしるしとして手形を押させたということです。

▼さんさ関連の動画リスト

この岩に手形を押したことが「岩手」の県名の起源といわれ、また二度とこの地に来ないことを誓ったことが盛岡の別名「不来方(こずかた)」の由来となったとも。
鬼がいなくなり、人々が喜んで神様に捧げた感謝の踊りが、盛岡市近郊に伝わる「さんさ踊り」の起源と言われています。

多くの市民が親しみをもち、各地で独自に受け継がれてきた「さんさ踊り」を基に「統合さんさ踊り」が誕生し、『盛岡さんさ踊り』が祭りとして昭和53年に始まりました。

さんさ踊りの掛け声「サッコラ チョイワヤッセ」とは、『幸呼来』と漢字で表し、意味は【幸せを呼ぶ】だそうです。
ぜひ一緒に踊って、幸せを呼び込みましょう♪
(当日参加も可能 詳しくはコチラ⇒http://www.sansaodori.jp/join/

 
▼伝統さんさ踊り競演会 ミスさんさ集団についてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=5253

▼ミスさんさ踊りのお披露目 三ツ石神社で奉納演舞についてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=1740

▼三ツ石神社についてはコチラ♪
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=877
 
▼盛岡さんさ踊り公式HP
http://www.sansaodori.jp/ 

<三ツ石神社への奉納演舞>ミスさんさのお披露目♪
日時:7月24日(火) 10:30~
場所:三ツ石神社

<盛岡さんさ踊り前夜祭>
日時:7月31日(火) 13:00~20:00
場所:JR盛岡駅前 滝の広場

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811