チャグチャグ馬コ Chagu Chagu Umako Festival | 岩手・盛岡の観光(Iwate・Morioka)

2019年は6月8日(土)に開催!
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

(天候が良かった年に撮影)

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

▼チャグチャグ馬コを動画でどうぞ~(以前撮影したものです)

https://youtu.be/Ds5g3jjULdY?list=PL5ph1QrQ4ZqRVMpjdqBdoYmbymNceOA0Q

<チャグチャグ馬コ>
毎年6月の第2土曜日に行われます、みちのくの初夏を彩る風物詩
滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで、約14kmを行進するお祭です。
約90頭の馬たちの、華やかな装束が目に飛び込んできます。
たくさん付けられた、歩くたびに鳴る鈴の音が「チャグチャグ」と聞こえることころに祭りの名前が由来していると言われています。

◆2019年は雨と風の天候の中 開催されました


 
 
◆◇◆こちらは天気の良かった年の様子◆◇◆

 

無病息災と五穀豊穣を祈願したのが始まりで、馬の鈴の音が国の無形文化財「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

 

行進の途中、数か所に馬コの休憩場所があり、そこは馬コとのふれあいもできる撮影ポイントともなっています。

前日の金曜日には『チャグチャグ馬コ 写真撮影会』が開催され、岩手県内外から多くの方が集まります。

 

 

そうそう、沿道にはこんなコも☆

チャグチャグ馬コは『晴れの特異日』言われますが、1958年に晴れの特異日の6月15日に開催日が変更されており、その後の晴れの印象が残っている為かと。
2001年には現在の開催日、毎年6月の第2土曜日に変更されています。

チャグチャグ馬コ 写真撮影会:チャグチャグ馬コの前日に開催

チャグチャグ馬コ(国の無形民俗文化財):毎年6月 第2土曜日開催
▼滝沢市公式HPもどうぞ♪
http://www.city.takizawa.iwate.jp/01chag

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

武田邸(盛岡市保護庭園・盛岡市保存建造物) | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

Takeda residence is Protective Garden and Conservation Building
緑が深くなる季節から紅葉まで
穴場的 見るチャンスが少ないレアスポット!
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<武田邸>記事下部に地図のリンクがあります
公開されている期間・曜日・時間が限られているこの場所。盛岡市民でも知る人は少ないかも?
春・夏・秋と季節の移り変わりによる庭園の美しさを、ぜひご覧いただきたいものです☆

▼青葉から紅葉まで 庭園の様子を4K動画で(〃∇〃)

紅葉の秋も見逃せません☆

(特別な許可を頂戴して撮影をしています)

◆庭園について
 元鹿島建設顧問技師の建築家 横浜勉 氏 の生家で、徳川時代末期に造られたと伝えられる。
◆建物について
 住宅は木造2階建,入母屋造りで竣工が1950年となっているが,建物の型式,材料,施工技術は戦前のもので一見大正,昭和初期の建物と見られる風格を持った建物である。
 屋根は赤瓦と銅板葺きの二段屋根で1階の落雪の多い部分の屋根は銅板葺きのみとなっているが,雪止め,雨樋とも高度な銅板細工で現在その緑青が美しい雰囲気をつくっている。
 外壁はヒバと杉の堅羽目板張りで上部に漆喰塗り込め壁となっている。建具が全て木製であるが庇(ひさし)が深いこと,材料が良いこと,保守管理の良いことなどでよく保存されており,約600坪の廻遊式庭園とよく調和している。
(盛岡市作成のパンフレットより抜粋)

武田邸(盛岡市長田町19番1号)
ホテルエース盛岡より徒歩で約15分
>> マピオンの地図で表示
公開期間:5月~11月の第2・第4土曜日
公開時間:13時~16時
入園料 :無料
※駐車場・駐輪場等はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

▼武田邸について 詳しくはコチラ
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009379/1009398.html

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

橋野鉄鉱山〔世界遺産〕 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

橋野鉄鉱山を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<橋野鉄鉱山>記事下部に地図のリンクがあります
2015年に世界文化遺産に登録された橋野鉄鉱山には、現存する『日本最古』の洋式高炉跡があります。

【大島 高任・盛岡とのつながり】
橋野鉄鉱山は近代製鉄の父といわれる盛岡藩士 大島 高任(おおしま たかとう)が築き、盛岡藩が運営していました。
大島 高任は、盛岡藩 第12代藩主 南部 利済(なんぶ としただ)の時代における盛岡藩奧医師・大島 周意(おおしま かねおき)の長男として盛岡で生まれました。

生誕地はホテルエース盛岡近くの「桜城小学校」北西の角付近で、現在は碑が建立されています。

建設当時は、反射炉をもつ水戸藩へ釜石の銑鉄(せんてつ)を輸出(水戸藩はその銑鉄を反射炉をつかい精錬しカノン砲などを鋳造)していました。
その後、安政の大獄により水戸藩主 徳川 斉昭が失脚し売り先を失います。
しかしながら、鉄の有用性から高炉の建設を継続し、一番高炉・二番高炉と建設していきました。

【見学は無料】
〔世界文化遺産〕橋野鉄鉱山ですが、無料で見学することができます!(2019年4月現在)

音声ガイドをお借りすることもできます(有料)。

マップにタッチすると、ガイドのスピーカーから説明が聞こえてきます。

スピーカー方式なので、1台借りて複数名で使用することができます☆

▼さらに現地の様子はこちらの[4K]動画で(〃∇〃)

https://youtu.be/CGzeWNFyuLQ

〔English description is displayed〕

橋野鉄鉱山を『VR』『AR』で体感できます☆
スマホアプリをつかって、橋野鉄鉱山を訪れた人が、わかりやすく体感できるようになりました!
『VR』『AR』で体感してください☆
▼詳しくは釜石市公式HPか現地のガイドスタッフへお尋ねください
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/index.html

○橋野鉄鉱山(釜石市橋野町2-6)
>> マピオンの地図で表示

▼詳しくは釜石市公式HPもご参照ください
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/detail/1193197_3028.html

[参考文献]
『近代へのとびら-大島高任の挑戦-』岩手県立博物館 編
[撮影協力]
橋野鉄鉱山インフォメーションセンター

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

時鐘(じしょう・ときがね)~藩政時代の時の鐘~ | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

P1010038 1365

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2
 
<時鐘(じしょう・ときがね)>記事下部に地図のリンクがあります
岩手県庁・岩手県公会堂の向い。桜山商店街の裏手、内堀の名残りにそっと佇んでいる鐘。
1679年(延宝7年)11月に鋳造されたとされ、藩政時代、城下に時を知らせるために2箇所に設置された時鐘のうちのひとつ。
現在の盛岡中央郵便局裏の土塁上にあったものを、明治維新後に2度の移転で内丸に落ち着きました。
※2015年には読み方は「じしょう」と記されていましたがその後「ときがね」と変更されていますので、どちらも記載しております。

昭和30年頃までは現役として「時を知らせる鐘」だったそうです。

▼動画もどうぞ~♪(〃∇〃)


 
P1010028 1365
 
P1010033 1365
 
P1010047 1365

時鐘(盛岡市内丸四)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約10分
 >> マピオンの地図で表示 

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

盛岡城 Morioka Castle へ登城 Let’s try『Tojo』〔岩手公園〕 | 岩手・盛岡の観光(Iwate・Morioka)

『Tojo』is to go to the castle tower
〔Iwate・Morioka 岩手・盛岡観光情報 Tourist Info/ホテルエース盛岡〕

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

▼登城をモチーフとした動画「盛岡城 Let’s try『Tojo』」
〔英語による説明あり〕


こちらの動画は、岩手県主催の「 いわて動画コンテスト2016 」で【優良賞】を受賞いたしました。
(表彰式は「いわてS-1 スイーツフェア 2017」のステージイベントにて)
つなたい作品ではありましたが、賞を頂けたことは素直に嬉しいです♪
  
<盛岡城>岩手公園(盛岡城跡公園)記事下部に地図のリンクがあります
総石垣で築かれた東北三名城の一つ。
鶴ヶ城(会津若松城)、小峰城(白河城)とともに挙げられるのが盛岡城!
盛岡城は、盛岡藩南部氏の居城として1598年(慶長3年)に築城が始められ、1633年(寛永10年)に完成しました。関東以北の石垣組の平山城としては、最大の規模を誇っています。

現在、天守は残っておりませんが、城内に残る東北随一の石垣の美しさにより、平成18年に「日本100名城」に選定されています。

平山城(ひらやまじろ)とは
低い山や丘に、周囲の平地も含めて築かれた城のこと。
 

▼岩手県公式動画チャンネルでも公開中☆
https://youtu.be/kY0AzufPUD0

岩手公園には 石川啄木の

  不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて
  空に吸はれし
  十五の心

の歌碑が立っています。
少年時代の啄木が学校の窓から逃げ出してきて、文学書、哲学書を読み、白日の夢を結んだのが盛岡城二の丸です。

===この動画の制作にあたり ご協力いただきました===
もりおか歴史文化館 様

http://www.morireki.jp/

奕葉山久昌寺 様

http://www.kyushoji.com/

<盛岡城>岩手公園(盛岡城跡公園)(盛岡市内丸)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約10分
 >> マピオンの地図で表示 

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811