一ノ倉邸 中尊寺のハス | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

Chuson-ji Temple Lotuses / 2019年は7月12日に開花!
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 
2019年の一ノ倉邸1輪目のハス 開花2日目(撮影日:2019年7月13日)

2018年の一ノ倉邸2輪目のハス 開花初日(撮影日:2018年7月19日)

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<一ノ倉邸 中尊寺ハス>記事下部に地図のリンクがあります
1950年(昭和25年)に、四代泰衡公の首級がおさめられていた首桶から見つかった種。その種が1998年(平成10年)7月に八百年の眠りから目を覚まし、中尊寺ハスが一輪咲きました。
そして、「復興の花中尊寺ハスを広める会」の第1号の株分けとして,藤原氏に縁の深い盛岡市安倍館の<保護庭園 一ノ倉邸>に2012年に移植されました。
 
 
ハスは午前4:30頃から花が開き、14:00頃には閉じます。
咲いては閉じるを4日間繰り返し、4日目には花びらが落ちていくとのこと。
お天気がいいと、太陽の光で新たなつぼみが10:00頃には咲きますので、タイミングが良ければ開く瞬間を見ることも!

咲いて4日でその花を落としてしまうハス
初日が一番色濃く、徐々にその色が薄くなっていきます。
2018年は7月16日に1輪目のハスが開きました。2019年は7月12日に1輪目が開花!
 
 
一ノ倉邸 中尊寺ハス(撮影日:2019年7月20日)

撮影日:2019年7月13日
開花2日目でしたが、前日の雨から一転、太陽の光が降り注いていました。

お天気が良すぎて、早くも閉じ始めています。

撮影日:2019年7月12日
開花はしましたが、あいにくの雨模様にて雨に打たれて項垂れています(残念)

撮影日:2019年7月10日

開花まであと数日?の雰囲気です。


そしてつぼみがもう一つ!

撮影日:2019年6月30日

今年はあまり成長が良くないらしく、1つ目・2つ目は途中で枯れてしまったようで、これは3つ目のつぼみです。
あと10日程で開花見込みとのことです。

2018年7月


2017年は多くの花をつけた為なのか、2018年の一ノ倉邸は少しさみしいかも・・・
でも、開花初日は色が濃いんです☆

▼2018年撮影[4K]

▼2016年撮影

2015年撮影
一ノ倉邸 ハス5

▼2014年撮影

一ノ倉邸 ハス4

一ノ倉邸 ハス3 

盛岡市保護庭園 一ノ倉邸(盛岡市安倍舘町19-64)
 ホテルエース盛岡より車で約10分 or 盛岡駅からバスで約10分
 >> マピオンの地図で表示

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

一ノ倉邸 紫陽花 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

中尊寺ハスの他にアジサイもキレイでなんです
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 
撮影日:2019年7月20日

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

一ノ倉邸 紫陽花(撮影日:2019年7月12日)

撮影日:2019年6月30日

▼以前撮影の動画ですが どうぞっ

<中尊寺ハス(一ノ倉邸)>
1950年(昭和25年)に、四代泰衡公の首級がおさめられていた首桶から見つかった種。その種が1998年(平成10年)7月に八百年の眠りから目を覚まし、中尊寺ハスが一輪咲きました。
そして、「復興の花中尊寺ハスを広める会」の第1号の株分けとして,藤原氏に縁の深い盛岡市安倍館の<保護庭園 一ノ倉邸>に2012年に移植されました。

中尊寺ハズの見頃は7月中旬頃からとのことです。

▼中尊寺ハスについてはコチラ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=3724
 

盛岡市保護庭園 一ノ倉邸(盛岡市安倍舘町19-64)
 ホテルエース盛岡より車で約10分 or 盛岡駅からバスで約10分
 >> マピオンの地図で表示

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

秋田新幹線 E6系 こまち ステップ開閉 & E5系 はやぶさ 連結 | 岩手・盛岡観光動画

JR盛岡駅で「こまち」の乗降ステップが下りる様子と上がる様子☆
 
ついでに東北新幹線連結の様子も!
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2
 
<こまち 乗降ステップの開閉>記事下部に地図のリンクがあります
ミニ新幹線の車両はフル規格の車両よりも幅が狭く(ミニは4列席 フルは5列席)、フル規格の新幹線区間の駅では乗降口とホームにすき間ができるため、折り畳み式のステップを備えています。
とある女性タレントさんがテレビでE6系 秋田新幹線こまちの乗降ステップへの愛を語っていたので・・・気になって撮ってみました!
 
ステップが出た状態の「こまち」

▼[4K]ステップの開閉 + はやぶさ・こまちの連結 どうぞ~

https://youtu.be/2Nj0s-KRR4g

JR盛岡駅
 ホテルエース盛岡より歩いて約10分
 >> マピオンの地図で表示

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

八幡平ドラゴンアイ Dragon Eye 藍龍眼 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

Hachimantai Dragon Eye 藍龍眼
雪が減った八幡平山頂付近の鏡沼に 龍の目☆
〔Morioka・Iwate 岩手・盛岡観光情報 Tourist Info/ホテルエース盛岡〕

  
撮影日:2019年6月6日
八幡平山頂が雲で覆われていた取材日 鏡沼に4時間滞在

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2
 
八幡平山頂付近には、まだまだ雪が

今年(2019年)から、危険防止として立入禁止エリアを示すロープが!

時折 雲が薄くなる・・・

雲が切れ鏡沼の全容が姿を見せる瞬間が

青空が顔を出さないので、ドラゴンブルーはこんなカンジに

 

 
 
撮影日:2017年6月18日 開眼した八幡平ドラゴンアイ

 
撮影日:2017年5月29日 開眼前の状態

  
<八幡平ドラゴンアイ(鏡沼)>記事下部に地図のリンクがあります
岩手県・秋田県の県境にある八幡平(標高1,613m)の山頂付近にある鏡沼で、5月中旬~6月上旬まで観ることができる神秘的な龍の目が!
5月下旬~6月上旬には中心部の雪も溶け始め【開眼】したドラゴンアイを観ることができます。
その姿は日々変わっていきますが、訪れたそのタイミングが一番の見頃かも♪

2016年に台湾の方がSNSで発信したことにより、注目を浴びるようになりました。
鏡沼の水深は約9mあります。
春になり雪が溶け始めると、沼に流れ込んだ水の浮力により氷の中心が持ち上がり、更に暖かくなるにつれて中心部が溶け始めドラゴンアイを生み出す・・・とガイドさんが説明していました(諸説あり)。

鏡沼の位置は県境を越えた秋田県ですが、岩手県の八幡平市観光協会が積極PRを行っており、また八幡平山頂は岩手にあることから、八幡平の風景として岩手の観光情報として取材致しました♪
 

▼開眼したドラゴンアイ(2017.6.18撮影)をどうぞ~
〔English description is displayed〕

▼開眼前のドラゴンアイ
〔English description is displayed〕

アスピーテラインの更にその上 山頂付近にあります。
雪がまだまだ残っており、雪の上を進むので長靴などは必需品!
山を登るので、道は決して平たんではないですよ~
樹木の側は「ズボッ」と足をとられる可能性もあるので、注意です。

八幡平山頂は岩手県側ですが、鏡沼は県境を越えた秋田県側となります。

2016年に台湾から観光でおいでになった方がSNSで発信したところ、有名になったとのこと。
元々鏡沼のこの姿、地元の方も知る人は殆どいなかったとか。
樹氷を見に来る方は多いのですが、そうすると樹氷が溶けた後のこのタイミングでは訪れないのだそうです。
逆輸入で注目度UPの場所なんです♪

八幡平 鏡沼(八幡平ドラゴンアイ住所 秋田県仙北市田沢湖玉川)
 ホテルエース盛岡より車で約90分(高速道路使用)&山頂レストハウスより
 徒歩 約15分(残雪の登り道になるので 長靴など必要です)
 >> マピオンの地図で表示 

 
▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

武田邸(盛岡市保護庭園・盛岡市保存建造物) | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

Takeda residence is Protective Garden and Conservation Building
緑が深くなる季節から紅葉まで
穴場的 見るチャンスが少ないレアスポット!
〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

 

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<武田邸>記事下部に地図のリンクがあります
公開されている期間・曜日・時間が限られているこの場所。盛岡市民でも知る人は少ないかも?
春・夏・秋と季節の移り変わりによる庭園の美しさを、ぜひご覧いただきたいものです☆

▼青葉から紅葉まで 庭園の様子を4K動画で(〃∇〃)

紅葉の秋も見逃せません☆

(特別な許可を頂戴して撮影をしています)

◆庭園について
 元鹿島建設顧問技師の建築家 横浜勉 氏 の生家で、徳川時代末期に造られたと伝えられる。
◆建物について
 住宅は木造2階建,入母屋造りで竣工が1950年となっているが,建物の型式,材料,施工技術は戦前のもので一見大正,昭和初期の建物と見られる風格を持った建物である。
 屋根は赤瓦と銅板葺きの二段屋根で1階の落雪の多い部分の屋根は銅板葺きのみとなっているが,雪止め,雨樋とも高度な銅板細工で現在その緑青が美しい雰囲気をつくっている。
 外壁はヒバと杉の堅羽目板張りで上部に漆喰塗り込め壁となっている。建具が全て木製であるが庇(ひさし)が深いこと,材料が良いこと,保守管理の良いことなどでよく保存されており,約600坪の廻遊式庭園とよく調和している。
(盛岡市作成のパンフレットより抜粋)

武田邸(盛岡市長田町19番1号)
ホテルエース盛岡より徒歩で約15分
>> マピオンの地図で表示
公開期間:5月~11月の第2・第4土曜日
公開時間:13時~16時
入園料 :無料
※駐車場・駐輪場等はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

▼武田邸について 詳しくはコチラ
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009379/1009398.html

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811