【舟橋】が盛岡に!舟橋って地名じゃないの? | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

船橋説明jpg

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<舟橋跡>
むか~しむかし、藩政時代の頃
雫石川・中津川・梁川の3河川が合流した北上川は
大河の様相を呈して
架橋が困難だったそうです

そこで二十艘ほどの小船を鉄鎖で係留し
その上に板を並べて
人馬が往来できるようにしたのが
【舟橋】(ふなばし)
そしてこの場所は当時新山という地域で
この舟橋の名は<新山舟橋>(しんざんふなばし)

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

今の明治橋付近にあったそうで、新山船橋は
1680年頃から明治7年に明治橋(木造)
が完成するまでつかわれたとのこと

舟橋跡 御蔵(盛岡市南大通)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約25分
 >> マピオンの地図で表示

▼もりおか歴史文化館には模型が
https://www.morireki.jp/

▼御蔵 下町史料館には舟橋ゆかりの史料も
http://www.ccimorioka.or.jp/morioka_sanpomichi/pdf/machinami/45.pdf
 

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

黒田官兵衛の本物の兜が盛岡に!「軍師官兵衛」

〔Iwate・Morioka Tourist Info/ホテルエース盛岡 岩手の観光情報〕

▼観光情報はこちらにもっ♪

YouTube-logo-full_color 2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85-%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-100-x-50

01 もりおか歴史文化館 外観
もりおか歴史文化館 所蔵<黒田官兵衛 銀白檀塗合子形兜>
盛岡にゆかりのある黒田官兵衛
2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公でしたね~

▼黒田官兵衛ゆかりの兜の動画 どうぞっ(〃∇〃)

黒田官兵衛ゆかりの兜
『銀白檀塗合子形兜』
 (ぎんびゃくだんぬり ごうすなりかぶと)
 が何故か盛岡の<もりおか歴史文化館>所蔵☆

実は、盛岡藩の南部家と黒田家とは【親戚関係】だったそうです!
黒田官兵衛の家臣で、大河ドラマでは濱田 岳さん演ずる『栗山善助』の子、栗山大膳が関係してきます。

時折全国へ巡回展示の旅へ出かけているこの兜、その間はレプリカが展示されたりもするのですが、展示予定はもりおか歴史文化館様にお問い合わせ下さい。

▼もりおか歴史文化館はコチラ

http://www.morireki.jp/
もりおか歴史文化館(盛岡市内丸1-50)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約12分
 >> マピオンの地図で表示

 
盛岡駅から徒歩約10分
盛岡市の中心に位置するホテルエース盛岡 繁華街にも近く、徒歩1分
コンビニも徒歩1分にあり、大通りの100均・大型書店(丸善ジュンク堂書店様)・スーパー・映画館(フォーラム盛岡様)も徒歩2分の距離♪ 観光・出張に便利な立地☆
 ▼公式ウェブサイト
 ▼公式ブログ
 ▼YouTube

南部曲り屋(曲り家) 雫石町歴史民俗資料館

〔Iwate・Morioka Tourist Info/ホテルエース盛岡 岩手の観光情報〕

▼観光情報はこちらにもっ♪

YouTube-logo-full_color 2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85-%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-100-x-50

曲がり家
<南部曲り屋(曲り家)>
江戸時代に発生した住宅様式である曲り屋(曲り家・曲がり家とも)は、特に盛岡藩(南部藩)に多くあったことから【南部曲り屋】と呼ばれていました。
 
L字型の独特の形式をもつ曲り屋は母屋と馬屋が一体になっており、人と馬が一緒に暮らす為だと言われております。
 

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

盛岡藩(南部藩)は名馬の産地として知られていましたが、更に古くは531年の文献にも載っています。

そして「チャグチャグ馬コ」が現在に残ることにも馬への愛着を見る事ができます。
 
▼チャグチャグ馬コについては、コチラをどうぞ
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=1303
https://www.hotel-ace.co.jp/blog/?p=1310

この曲り屋は築140年以上で、御所ダムの底に沈むハズだったのを移築したものです。
数年前には茅葺き屋根の葺き替えを行い、隣接する水車小屋と合わせて約3,000万円かかったそうです。

また、囲炉裏に火をともしているのは、囲炉裏の煙で虫よけとしたり、ススが付着することにより茅葺き屋根の耐久性が増したりするという理由があるそうです。

雫石町歴史民俗資料館(雫石町西安庭15-39-7)
 ホテルエース盛岡より車で約35分
 >> マピオンの地図で表示

 
盛岡駅から徒歩約10分
盛岡市の中心に位置するホテルエース盛岡 繁華街にも近く、徒歩1分
コンビニも徒歩1分にあり、大通りの100均・大型書店(丸善ジュンク堂書店様)・スーパー・映画館(フォーラム盛岡様)も徒歩2分の距離♪ 観光・出張に便利な立地☆
 ▼公式ウェブサイト
 ▼公式ブログ
 ▼YouTube

中央公民館敷地内の 旧中村家住宅(国指定重要文化財)

〔Iwate・Morioka Tourist Info/ホテルエース盛岡 岩手の観光情報〕

▼観光情報はこちらにもっ♪

YouTube-logo-full_color 2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85-%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-100-x-50

旧中村家住宅 2
<旧中村家住宅>
国指定重要文化財 旧中村家住宅は1974年(昭和49年)3月に、南大通から中央公民館敷地内に移築されています。

中村家は18世紀中ごろから続いた呉服屋で、「糸屋」または「糸治」とよばれた城下町盛岡でも屈指の豪商でした。

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

増改築の多い商家が建築当初の形をとどめている例はきわめて珍しく,重要文化財の商家としては,東北では数少ないものの1つとのことです。

▼詳しくはコチラ(盛岡市のHP)
http://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/kokyoshisetsu/kominkan/chuo/1000675.html
 

盛岡市中央公民館(盛岡市愛宕町14-1)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約26分
 >> マピオンの地図で表示

 
盛岡駅から徒歩約10分
盛岡市の中心に位置するホテルエース盛岡 繁華街にも近く、徒歩1分
コンビニも徒歩1分にあり、大通りの100均・大型書店(丸善ジュンク堂書店様)・スーパー・映画館(フォーラム盛岡様)も徒歩2分の距離♪ 観光・出張に便利な立地☆
 ▼公式ウェブサイト
 ▼公式ブログ
 ▼YouTube

【十六羅漢像】がある「らかん児童公園」 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

十六羅漢像

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<十六羅漢>
・石造十六羅漢(せきぞうじゅうろくらかん) 16体
・付(つけたり) 五智如来(ごちにょらい)   5体
のうちの、数体を動画でご紹介しております。

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

江戸時代,盛岡藩の四大飢饉といわれる元禄・宝暦・天明・天保の大凶作によって,領内には多くの餓死者がでました。祗陀寺14世天然和尚は,その悲惨な餓死者を供養するために,十六羅漢と五智如来の合計21体の石仏建立を発願しました。そして領内から浄財の喜捨を募って,1837年(天保8年)工事に着手しました。

下絵は藩の御絵師狩野林泉が描き,石材は市内の飯岡山から切り出し,藩の御用職人の石工7人が3年かかって荒刻みを行い,北上川を舟で渡して,建設場所の祗陀寺末寺の宗龍寺境内に運び入れ.最後の仕上げをしたものといわれています。

こうして,起工から13年目の1849年(嘉永2年),発願した天然和尚の孫弟子にあたる長松寺13世泰恩和尚のときに,ようやく竣工しました。

しかし,宗龍寺は明治維新後に廃寺となり,1884年(明治17年)の大火で寺院も焼失しました。現在は21体の石仏群を残す,市の公園となっています。
(盛岡市公式HPより)

彫り上げたのは盛岡藩のご用職人たちで、地元の石工が作り上げた石像は全国でも珍しいそうです。
(盛岡市指定文化財)
 
 
石造十六羅漢(らかん児童公園・盛岡市茶畑2丁目1)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約30分
 >> マピオンの地図で表示

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

【うるみ工芸】1200年の歴史を持つ浄法寺塗 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

うるみ工芸
<うるみ工芸>
天台寺の僧侶の手で作られたことに始まるとされる浄法寺塗
漆器は、使えば使うほど味が♪
丈夫さ、色の美しさの浄法寺塗!

ちなみに岩手県北地方は、生漆の生産量が日本一だそうです!
▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

うるみ工芸 ショールーム(盛岡市中央通2-9-23)
 ホテルエース盛岡より徒歩で約1分
 >> マピオンの地図で表示

▼公式HPはコチラ♪
http://www.urumi.jp/

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

【釜定】南部鉄器の老舗工房 | 岩手・盛岡の観光(Morioka・Iwate)

〔Morioka・Iwate,Japan Tourist Info/岩手・盛岡観光情報〕

釜定

▼岩手・盛岡 観光情報はこちらにも▼

YouTube-logo-full_color 2

<釜定>
100年以上の歴史のある南部鉄器の老舗工房
3代目宮伸穂氏は欧米での個展開催やフィンランド在住経験も!
 

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)


 
南部鉄器とは
南部鉄器は、17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜をつくらせたのが始まりといわれます。
以来、良質な原材料に恵まれたことや、藩が保護育成に努め各地より多くの鋳物師、釜師を召抱えたことで発展を続け、その製造品も茶釜から日用品にいたるまで広い用途に応じていました。
有名な南部鉄瓶は、18世紀になって茶釜を小ぶりにして改良したのが始まりで、一般の人にも手軽に用られるようになりました。
(南部鉄器協同組合様 HPより引用 http://www.ginga.or.jp/~nanbu/

公式インスタグラム
https://www.instagram.com/nanbu_kamasada/
 

釜定(盛岡市紺屋町2-5)
 ホテルエース盛岡から徒歩で約18分
 >> マピオンの地図で表示

▼Instagramでも情報発信中☆

インスタ アイコン https://www.instagram.com/hotel_ace_morioka/

▼観光スポット情報 ホテルエース盛岡から
徒歩10分圏内徒歩20分圏内徒歩30分圏内車で30分圏内車で30分以上

 

岩手県盛岡市中央通2丁目11-35
ホテルエース盛岡
Tel:019-654-3811

盛岡市 遺跡の学び館 縄文,弥生,土器にドキっ♪

〔Iwate・Morioka Tourist Info/ホテルエース盛岡 岩手の観光情報〕

▼観光情報はこちらにもっ♪

YouTube-logo-full_color 2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85-%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-100-x-50

土器
<遺跡の学び館>記事下部に地図のリンクがあります
盛岡市の埋蔵文化財センターとして、市内遺跡発掘調査とその整理・研究、出土資料の収蔵・管理・活用、教育普及を進めるための施設です。

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

展示室は縄文時代の集落「大館町遺跡」発掘調査現場をリアルに再現し体験的に発掘調査とは何かを学べるとともに、膨大な出土品から盛岡の歴史を学べます。

土器

日本最大級の縄文土器・大館町遺跡出土深鉢(高さ93cm)も展示。
(公式ホームページより)

http://www.city.morioka.iwate.jp/moriokagaido/rekishi/manabikan/

遺跡の学び館(盛岡市本宮字蛇屋敷)
 ホテルエース盛岡より車で約10分
 >> マピオンの地図で表示

 
盛岡駅から徒歩約10分
盛岡市の中心に位置するホテルエース盛岡 繁華街にも近く、徒歩1分
コンビニも徒歩1分にあり、大通りの100均・大型書店(丸善ジュンク堂書店様)・スーパー・映画館(フォーラム盛岡様)も徒歩2分の距離♪ 観光・出張に便利な立地☆
 ▼公式ウェブサイト
 ▼公式ブログ
 ▼YouTube

貴重な建物が盛岡に 『紺屋町番屋』 『ござ九』

〔Iwate・Morioka Tourist Info/ホテルエース盛岡 岩手の観光情報〕

▼観光情報はこちらにもっ♪

YouTube-logo-full_color 2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85-%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-100-x-50

紺屋町番屋 1365 X 768
↑<紺屋町番屋>
紺屋町番屋は大正2年(1913年)に、消防番屋として建てられました
木造2階建て、屋根の上には望楼が設えられています
大正期の木造洋風建築の典型とされていますが、この建物だけがタイムスリップしたかのような、まさに大正ロマン漂う建物
 
 
ござ九
↑<ござ九(ござく)>
文化13年(1816年)に創業した,紺屋町にある商家
盛岡市を代表とする町屋建築 
 

▼動画 どうぞっ(〃∇〃)

http://youtu.be/GAgc8V00NhU

紺屋町番屋(盛岡市紺屋町4-33)
 ホテルエース盛岡から徒歩で約20分
 >> マピオンの地図で表示

ござ九(盛岡市紺屋町1-31)
 ホテルエース盛岡から徒歩で約16分
 >> マピオンの地図で表示

 
盛岡駅から徒歩約10分
盛岡市の中心に位置するホテルエース盛岡 繁華街にも近く、徒歩1分
コンビニも徒歩1分にあり、大通りの100均・大型書店(丸善ジュンク堂書店様)・スーパー・映画館(フォーラム盛岡様)も徒歩2分の距離♪ 観光・出張に便利な立地☆
 ▼公式ウェブサイト
 ▼公式ブログ
 ▼YouTube